県高校総体壮行式

2018.06.01

 5月31日、県高校総体の壮行式が行われ、早期大会の競技を除いた12の運動部が大会への強い決意を表明しました。選手団は吹奏楽部の演奏で入場し、生徒会長、校長の激励の言葉の後、応援委員と全校生徒からエールを送られました。出場選手を代表し、旗手の男子バドミントン部主将、中村辰平(道仏中学校出身)君が団旗を受け取り、女子バレー部主将、長塚佑香(小中野中学校出身)さんが、高らかに選手宣誓を行いました。県高校総体は、6月1日に青森市の開会式で開幕し、4日間にわたり、県内各地で35競技の熱戦が繰り広げられます。八戸市は、体操、バスケットボール、硬式野球、五戸町は、サッカー競技の会場になります。(早期大会の陸上、卓球、硬式野球の試合は終了しています。)