初夏のクリーンアップ大作戦を実施しました

2022.06.20 総合コース通信

令和4611日に、高校1年生の総合コースの生徒、高校2年生のカレッジクラスおよび情報ビジネスコースの生徒、高校3年生の情報ビジネスコースの生徒計219名で、八戸市の沿岸部(蕪島、館鼻漁港、第三魚市場、白浜海岸、マリエント周辺)の清掃活動を行いました。

この活動は、毎年情報ビジネスコースが取り組んできたもので、八戸市のクリーンパートナーの一員として、地域への愛着心と美化意識の向上を目的としています。

清掃奉仕活動を通して、環境衛生と社会奉仕の大切さを学ぶ良い機会となりました。

以下、生徒の感想です。

・館鼻漁港は昨年よりもごみが少なく感じたが、草むらや建物の影など、見えにくいところにごみが多く見られた。作業中、地域の方々に温かい言葉をかけていただき、今回の活動が地域の役に立っていると実感でき、誇らしく思った。今回の活動で清掃した地域は観光地でもあるため、地域の人だけでなく、これから訪れる人のためにもきれいな状態を保てるよう、継続して取り組んでいきたい。

・海岸には予想以上にごみが落ちており、花火のごみや、じっくり見ないと気付かないほど小さなプラスチックごみも多くあった。海沿いには漂着物がたくさん流れ着いており、海の生物がどれだけ住みにくいのか改めて考える機会となった。ごみを捨てることは世界中を繋ぐ海を汚すことになるため、環境問題の解決のためには、まずは自分が暮らす地域をきれいにすることが重要であることを実感した。

学校案内パンフレット 募集要項