校長挨拶

無限の可能性を伸ばそう!

校長

二高は、1975(昭和50)年4月に学校法人八戸工業大学の四番目の学校として設立されました。設立当初からの「学校経営の重点は進学指導である」との方針のもと、今では、進学指導はもとよりカレッジコース・情報ビジネスコース・美術コースそれぞれの特性を活かしながら、知・徳・体のバランスの取れた教育を推進し、地域社会に貢献できる有為な人材を育成することを目標として教育活動を展開しています。
卒業生はすでに一万名を優に超え、各界で活躍する人材を多く輩出してきました。また、私立の進学校として、地域にゆるぎない地歩を築いていると自負しています。

二高での3年間は、人生の中でも心身ともに大きく成長する期間であり、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を鍛えあげる絶好の時期です。私たち教職員は、生徒の皆さんが、学校生活の中で様々な体験を通して幅広く知識を吸収し、逞しい体力を身につけ、次代を担うふさわしい青年に成長されることを願いながら教育活動を行っています。そして、今年度の教育活動のキーワードを次の3点としました。


「師弟同行」
生徒一人ひとりの夢に寄り添い、教師と生徒が心を同じくして夢の実現に向けて共に学校生活を送る。(生徒目線の教育)

「文武一道」
文(教科の学習)と武(部活・ボランティアなど教科以外の活動)は、取り組む姿勢や真理を求める厳しさにおいて同じである。文武両道を突き詰めていった最終的な境地を目指す。

「掃除,挨拶,5分前」
社会生活の基本である清掃とあいさつ、時間を守ることを日常生活の中でごく自然に行えるようにする。


私たち教職員はこれら3つのキーワードを学校運営の軸に据えながら、生徒の皆さんが、自らの持つ無限の可能性を伸ばし、地域の発展さらには世界に貢献できるグローバルな人材となっていくことを切に願っています。

平成29年4月10日

八戸工業大学第二高等学校
校長 赤坂 寿