読書活動優秀実践校として文科省より表彰

2018.04.27

この度子供の読書活動優秀実践校として、高等学校26校中の1校に工大二高が選ばれました。

4月23日、子どもの読書活動推進フォーラムにおいて表彰されました。

文部科学省では、平成14年度から子どもの読書活動の推進に資するため、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高める活動について優れた実践を行っている学校、図書館及び団体等を表彰しています。平成30年度は表彰校として本校を含む計136の学校が表彰されました。

 

【二高の読書の取り組み】

工大二高では10分間の朝読書に全校で取り組み、毎朝の読書習慣を身に付けています。

また、合わせて読書交流会「読書合宿」を毎年実施し、読書に親しむと共に本に関連したグループ活動を通して、コミュニケーション能力、表現力の育成を図ってきました。主にこの二つの取り組みが評価され、表彰にいたりました。

・「朝読書」を通じた読書に親しむ態度の育成

平成25年より、教科の小テストやNIE活動日を除く毎日実施しています。読書を通し穏やかな心で一日を始める学校生活づくりを徹底し、落ち着いた雰囲気で一日をスタートすることができています。

・「読書合宿」を通じた読書活動の振興

   

1年に一度、全学年から希望者を募り、1泊2日の日程で読書合宿を実施しています。ビブリオバトル、講演会、ワークショップ、施設見学、読書会、読書会ポスター制作といった多様な活動を通した主体的、協働的学びを「読書合宿」として進めています。これらの取組により、「楽しみながら理解を深める新しい読書スタイル」を生徒に提供し、朝読書の土台の上に築かれた発展的取り組みとして、高校時代に留まらず、生涯読書に親しむ態度を育成しています。

読書会後のポスター発表

おすすめの本を紹介

お気に入りの本と制作したポスターを前に

八戸ブックセンターを見学

書店の方を招いてのワークショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国高等学校ビブリオバトル東北大会に学校代表が出場し、東北地域の高校生のプレゼンテーションの工夫を学ぶとともに、読書を通じた交流を深めています。平成28年度は参加生徒が準チャンプ本を獲得しました。

東北大学で行われたビブリオバトル東北大会

仙台市で開催されたビブリオバトルシンポジウム2016では、ポスターセッションに参加した生徒が読書合宿についてプレゼンテーションし、ビブリオバトル普及委員会特別賞を受賞しました。

合宿の様子をポスターに

ビブリオバトルシンポジウムポスターセッションにて特別賞を受賞

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで朝読書に毎日取り組み、さらに読書合宿でさまざまな活動に楽しみながら挑戦して、伝統を築いてくれた二高生と、図書館や書店等「本のまち八戸」を謳う地域の皆様のご協力のおかげで、このような賞をいただくことができました。

卒業生の方々を含め、この場を借りてみなさまに感謝を込めてご報告いたします。