全国高総文美術工芸部門広島大会参加

2016.10.14



7月29日(金)~31(日)、広島県広島市で行われた第40回全国高等学校総合文化祭に参加しました。
 


昨年度の青森県高校総合文化祭で優秀賞を受賞した山端綾乃さんと、優良賞を受賞した坂京美さんの2名が、青森県代表として選抜されました。
 


30日の午前は広島県立美術館で全国展、企画展を鑑賞しました。こちらは企画展の様子です。
 


午後から広島県立総合体育館で総合開会式を見学しました。
そこでは鶴を折って寄付をする活動に参加しました。
 
31日は美術工芸部門開会式と交流会に参加しました。
明治学院大学文学部芸術学科教授で美術評論家の山下裕二氏が講演し、伊藤若沖の作品について解説しました。
また生徒の作品に丁寧な講評を行い、充実した内容となりました。
 


交流会では広島けん玉の基本的な技術を学び、広島が誇る工芸と遊技を体感した後グループで広島県立美術館へ移動し、お互いの作品を鑑賞して、意見を述べ合いました。制作に対する思考を深める機会となりました。
 


来年度の全国大会は宮城県で開催の予定。最優秀賞を目指して制作します。