コンクール入賞

2011.03.08 美術コース通信

 第56回全日本学生美術展において、2年8組 橋場さつきさんが、1位にあたる「推奨」を受賞しました。


橋場さつき「濡れた風景」/F40/油彩


受賞式の様子

全日本学生美術展は全国の児童から高校生までが応募する絵画コンクールで、今年の応募総数は6430点になりました。
橋場さんが出品した油彩の部門は1160点の応募があり、推奨受賞者は52名でした。
作品は100×80cmの大きさで、約3ヶ月かけて制作されました。

同美術展において、豊川育史君、村山真美さんが「佳作」に入賞しました。
作品は、2月19日から23日の5日間、東京芸術劇場に展示されました。


豊川育史 「破棄された重機」/F40/油彩


村山真美 「風景」/B2/透明水彩

また、2年8組 栗山昌平君、宇部七海さんが「準佳作」に選出されました。

栗山昌平 「混沌の中のビニール」/F40/油彩

                                  
宇部七海 「道」/B2/透明水彩

 
 第64回青森県高校総合体育大会ポスターコンクールにおいて、1年7組 外澤愛恵さんの作品が最優秀賞を受賞しました。

また同じく1年7組の田名部美妃さんが優秀賞を受賞しました。
表彰式は4月に予定されています。
工大二高の作品が最優秀作品に選ばれるのは17回目になります。

 

学校案内パンフレット 募集要項