美術コース作品展 ➀

2019.01.31

12月14日(金)から16日(日)にかけて、八戸ポータルミュージアム「はっち」の1階、2階、3階を会場に、第33回美術コース作品展を実施しました。

作品数は約194点。入場者数は1152名でした。161300より、3年生が自分の作品を解説するギャラリートークを会場で実施しました。

 

今年は100号サイズの油彩が4点あり、その他に兎の形をデザイン化した立体作品、自作の音楽と映像と立体を組み合わせた作品、特殊な布を加工して、壁面に設置した作品等、力の入った卒業制作が並びました。作品を紹介します。     

 

 

 

 

 

 

油彩F100号 「あなの方が善く生きている

 

 

 立体作品「タコと貝、タコとカニ、タコとエ

 

 

 

 

油彩F100号 「ごきげんよう」

 

 

  映像「記憶の森」クラスメートが声優で出演しました。

以下の4つの作品を組み合わせた作品です。映像で使用される音楽も作曲しました。

S/S COLLECTIONトルソー
UNISEX映像1m20s
S/S COLLECTIONキャリーバッグ
S/S COLLECTION油彩F15
未知日本画F20

次回も作品の紹介をします。