美術大学連携授業 陶芸実習

2021.11.02

11月1日、東北芸術工科大学の佐々木理一先生をお招きして、陶芸の授業を行いました。

小さなお皿に絵付けをする実習です。

事前に陶芸の講義を聞いて実習に入りました。

生徒達は夢中になって制作していました。

描いたお皿は、大学が用意した焼き窯ですぐに焼成します。

焼きあがるまでの時間、生け花のワークショップを行いました。工芸品には用途があります。それを体験する授業でした。

5名から6名のグループを作って、分担して生け花を仕上げます。生徒にとって初めての経験です。

生け花は立体造形の要素があり、勉強になりました。完成した生け花です。

お皿の完成作品を紹介します。

 

 

陶芸も、生け花も、貴重な経験になりました。