青森県高総文 最優秀賞

2022.10.19 美術コース通信

10月7日~9日に弘前市で開催された、第43回青森県高等学校総合文化祭美術部門において、美術コース2年生3名が上位に入賞しました。猪股紗葉さんが最優秀賞、橋場柚里奈さんと丸谷佳乃さんが優秀賞に選ばれました。

また、3名は来年度鹿児島県で開催される全国高総文に選出されました。

 

10月8日デーリー東北の記事です。

「最優秀賞」猪股紗葉
『変化』 油彩117×117cm
審査員のコメント
異なる画材を表面に張り付ける事で、画面に奥行きがもたらされている。色彩感覚が魅力的で、構図も独創性がある。また、写実性もありながら、自分の思いを作品を通して表現するところまでたどり着いている。

「優秀賞」橋場柚里奈
『遮光』 油彩117×91cm
審査員のコメント
人物が丁寧に作品に描きこまれており、光の表現に優れている。全体の色調も柔らかいトーンで統一されており、完成度が高い。

「優秀賞」丸谷佳乃
『浸』 日本画117×91cm
審査員のコメント
日常から一歩踏み込んだ想像力があり、リアルに伝えるための写実性がある。日本画の技法で描か描かれてるため、柔らかい色彩が美しさを表現するために適切なものとなっている。

 

 

 

学校案内パンフレット 募集要項