東大での成果発表会、参加報告(科学愛好会放射線班)

2015.03.27 部活動レポート

 今回の発表では今年度の科学愛好会の集大成として臨んだ。昨年度は最優秀賞を受賞しているということもあり、今年度もできれば、という気持ちもあった。しかし残念ながら今年度は受賞できなかった。
 他校の発表を見ると、私たちにはないような素晴らしいところが多くあり、今後の参考にしたいと思った。また今年は参加校の人達と交流を持つことができ、初対面ながらも様々な情報交換ができた。自らの見聞を広げることができ、とても有意義な時間を過ごすことができた。今回の発表のような、同年代の人達と語り合い、議論しあう機会というのは本当に貴重な体験だったと思う。
(カレッジコース2年男子 R.Kさん)

 今回の発表は私にとってとても良い経験になった。まず、家族以外の人と遠くへ行くこと自体めったにないことだし、全く知らない人達の前で発表することも初めてのことで、私にとっては完全に未知の領域だった。反省点はいろいろあるが、自分の知らないことがたくさんあることが分かったし、学校でも家でもない場所で社会の常識やルールを学ぶことがとても大事だと思った。県外の高校生との交流では、自分と違う価値観に触れることができたし、コミュニケーションの力も少しは向上したと思う。研究発表については、まだまだ改善すべき点がたくさんあることが分かったので、これからもよりレベルの高いものを作るために努力していきたいと思う。
(カレッジコース2年男子 K.Kさん)

 

学校案内パンフレット 募集要項