医療系体験(弘前大学看護わくわくどきどき体験)

2014.10.07

 平成26年10月4日(土)に八戸商工会館の弘前大学八戸サテライトで、看護わくわくどきどき体験が行われました。本校から午前・午後あわせて計16名の生徒が参加して、血圧測定・赤ちゃんのお世話・手洗いなど様々な体験を経て看護に対する思いを一層強くしました。

【参加生徒の感想】
・人間の不自由についてのお話が印象に残りました。人間には生まれつき3つの不自由があるそうです。1つは自分の存在で、自分の意志ではなく生まれるということです。2つめは両親を選択できない不自由です。そして、3つめは性の選択の不自由です。また、100万回生きたねこのお話に感動しました。今日の体験で、人の関わりを大切にしていくことの大きさを知ることができました。
・私が1番印象に残ったことは、大学生の方々や助産師の方とお話をすることができたことです。私はたくさん質問しました。また、不安に思っていることも相談することができました。聞いたり相談をするととても優しく答えてもらい、アドバイスもしてくれたので励まされました。お話はとてもためになるもので楽しかったです。


手洗いの様子です


結構難しくて、きちんと洗ったつもりでも手に残っています