科学への誘い(葛巻町新エネルギー施設等見学)

2014.09.27

 平成26年9月27日(土)に、葛巻町新エネルギー施設等見学が20名の生徒が参加して実施されました。岩手県の葛巻町は、酪農が盛んでクリーンエネルギーの導入に積極的に取り組んでいます。
 今回の見学では、葛巻町の農林環境エネルギー課の本宮様が各施設を案内してくださいました(お忙しい中、本当にありがとうございます)。施設を見学するにつれて、説明をしていただいた後の生徒達の質問が積極的になっていました。

【参加生徒の感想】
 風力発電システムでは、一回転で蛍光灯30本分の発電をしているということや12基の風力発電機の発電量が葛巻町が使用する電力の9割にあたることをを知り驚きでした。

 畜ふんバイオマスシステムの見学では、実際に牛の糞尿が肥料になる過程を見ることができました。普通であれば捨てるものが資源となって世の中に貢献するということは、すごいことだと感じました。階上町も畜産が盛んなので、お話を聞きながらハッとしました。


まず、葛巻町の取り組みについて簡単なレクチャーを。そして風力発電について。


風力発電機は巨大です。


酪農が盛んな葛巻町ならではの畜ふんバイオガスプラントです


最後に、木質バイオマスガス化発電設備の前で本宮様と一緒に