看護特別記念講演

2014.05.10

 平成26年5月10日(土)に八戸学院短期大学看護学科で宣誓式が行われ、特別記念講演に本校から15名の生徒が参加しました。講師の先生は、医療福祉ジャーナリストの早野ZITO真佐子様で、日米の看護・医療事情に精通されています。

 様々な事例、特にご自身の家族が入院された時のケースでは、いかに看護という仕事が患者のみならず家族にも大きな力になるかということをお話し頂きました。
 生徒達は先生の言葉全てを吸収しようと、耳と目と手で講演を聴いていました。

【参加生徒の感想】
「看護の特権とは何か」ということや、医療を布にたとえると「看護は横糸」ということを学ぶ事ができました。命をまもる「強く・しなやかな」横糸になりたいと強く思いました。