サイエンスセッションに参加しました

2014.02.10 学外学習

 平成26年2月9日(日)に八戸北高等学校で実施された「地域連携サイエンスセッション」に参加しました。県内外から約200名の高校生・中学生が集まり、本校からは科学愛好会(放射線班)の生徒5名が参加してポスター発表(テーマ:放射線で発電は可能か)を行いました。
 科学愛好会は「高校生による環境安全とリスクに関する自主研究活動」に参加しており、3月15日・16日に東京大学で実施される成果発表会に向けて、これから更に準備を進めていきたいと思います。

 

学校案内パンフレット 募集要項