世界遺産白神山地トレッキング

2019.11.14

10月27日(日)に、環境教育の一環として、白神山地を訪れました。

ブナを中心とした植生観察をはじめ、隣接されている津軽ダムへの訪問や、ニシメヤ・ダムレイクツアーに参加して水陸両用バスの乗船見学を行いました。

世界遺産への訪問を通して、自然と人の共存の在り方を考える良い一日となりました。

 

以下、生徒の感想です。

・白神山地は紅葉が綺麗で、青森県の自然の豊かさや重要な観光資源であることが分かった。白神山地周辺の森はスギなどの針葉樹が点在しており、紅葉と混ざりモザイクのようになっていることに気がついた。

・水陸両用バスのガイドさんの話に、ダムを建設するために立ち退いた人たちが完成したダムを見に来て懐かしんだり昔の家を見て涙を流したりしていた、とあり、切ない気持ちになった。今回のツアーはダム湖の水が少なく、沈んだ村の一部を見ることができ、ここに生活があったことを感じることができた。