六ヶ所エネルギーパーク施設見学(科学への誘い)

2020.08.31

8月11日(火)に「科学への誘い」プログラムのひとつ「六ヶ所エネルギーパーク見学」を実施しました。

六ヶ所村は、石油備蓄基地・風力発電施設・太陽光発電施設・原子力関連施設・核融合研究施設が集まる場所です。

日本のエネルギーを考える上で、貴重な学びを体験することができました。

【参加生徒のレポートから】

○原子力発電に必要な核燃料サイクルの確立や核融合の実現には、更なる研究こそが課題となっているのではないだろうか。

○核融合エネルギー研究センターの見学が最も興味深かった。それは、「未来」を作る研究をこの目で見ることが出来たからです。

○風力発電や太陽光発電が国の主たるエネルギー源になるのは難しいと思った。核融合については、説明は少し難しく感じたが、未来を生きる世代の一員として詳しく調べてみたいと思った。

○今回の施設見学で、分かりやすい説明で日本のエネルギーについて知識が深まったと思います。身近な六ヶ所村に大規模なエネルギー施設群が存在することを、地域の子供達や大人達にぜひ知って欲しいと思いました。

 

  

 核融合研究所スパコン前にて      核融合に関する講義          石油備蓄基地と風力発電施設