2学年フロンティアタイム 体験学習④

2019.07.03

619日の総合的な学習の時間に、体験学習を実施しました。

2学年からは高校卒業後の希望進路に応じて系統別に活動しています。

美術系統は八戸工業大学感性デザイン学部の皆川俊平先生をお招きして、「アートによる地域活性化 –アートの当事者と非当事者をつなぐ」をテーマに授業を実施しました。

近年、地域活性化の手法としてアートを用いる事例が増えており、実際に皆川先生が行なった事例を交えながら、なぜアートが地域の活性化に活用されるのか、アートの社会的な意味から未来のアートの在り方を考えました。

また、子供や高齢者福祉など行政の視点も取り入れ、アートを活用するアイデアを話し合い、活発に意見を交換し合いました。

以下、生徒の感想です。

・今回の体験学習で「地域活性化」のためのデザインについて考える機会ができて、興味が出てきました。私も自分の地元の活性化につながるイベントなどに参加し、地域がより良くなるために貢献したいと改めて思いました。とても勉強になった時間でした。ありがとうございました!