冬のK0運動、「サンタが100人!in岩泉」へ

2016.12.27

12月24日、岩手県岩泉町で行われた「サンタが100人!in岩泉」に、本校生徒会を中心とした24名が参加した。本校では2012年からK-0運動と称し、東日本大震災の被災地を訪れ、仮設住宅の方々を元気づけるための活動を行っているが、今年度は8月に起こった台風10号で甚大な被害を受けた岩手県岩泉町を訪問した。生徒達はサンタの衣装に身を包み、現地のNPOの方との協力の下、岩泉町の子ども達とレクリエーションで楽しんだり、クリスマスプレゼントを手渡したりと和やかな時間を過ごした。また午後からは、現地の方の案内の下、被害が大きかったエリアの見学をした。「道の駅岩泉」の従業員の方から台風当日の話も聴かせていただき、現地の方々の言葉に、皆真剣に耳を傾けていた。生徒会長の田中惇貴くんは「実際に被災地を訪れて、被害のあまりのすさまじさに言葉を失った。自分たちの活動を通して子ども達が少しでも笑顔になってくれたら嬉しい。今後も何かの形で岩泉の支援を続けて行きたい」と語っていた。

   
  ↑現地の子どもたちとの交流の様子

 
 
 
 ↑二高生サンタ集合!