陸前高田市仮設住宅訪問

2015.12.21

12月20日、毎年恒例の岩手県陸前高田市仮設住宅訪問が実施され、生徒会長を始めとする生徒会役員12名が参加しました。今回で8回目となる今回の訪問は、年賀状スタンプの作製がメインでしたが、当日は東北大学の学生8名も訪問しており、クリスマスリースの作製の手伝いもしました。また何人かの男子生徒は、自治会長さんと一緒に住宅周辺の道路の補修も手伝い、大変喜ばれていました。

 来年の3月には東日本大震災から5年経ちます。この訪問は仮設住宅の方々にとって楽しい語らいの一時であり、そして本校の生徒にとっても大変貴重な経験となっているようです。帰りのバス内での発表では生徒会長の久保圭慧君が、「訪問の度に、励まそうとするつもりが逆に勇気をもらう。来年度以降も後輩達にこの活動をもっと盛り上げていってほしい」と語っていました。