松延 康 先生の科学遊び

2015.01.08

1月6日(火)、すぎのこ保育園にて、松延 康 先生の科学遊びが行われました。本校生徒7名がボランティアとして参加しました。空気の重さ(圧力)を実験の補助をしたり、スノードーム制作のお手伝いなどを子ども達の班のリーダーとして見守りながら作業のアシストを行いました。
 
【生徒の感想)
○将来は保育士になりたいので一生懸命頑張りました。こどもとうまく触れ合えるのか不安でしたがそれは子ども達が解決してくれました。終わる頃には多くの子ども達と仲良くなり、お話もたくさんしました。保育士さんの仕事ぶりを見てその大変さを学ぶこともできました。スタッフの方々からお礼の言葉をかけられ、また積極的にボランティアに参加していきたいと思いました。
 
○幼稚園教諭志望の私にとって貴重な体験となり、多くを学ぶことができました。子ども達は元気に活動するので見守りはとても大変でした。現場で働くには、子どもに対する豊富な知識が必要だし何より体力がもっとも必要だと痛感しました。私はこどもが好きなので成長を一番近くで見届けられるこの仕事に就きたいです。今回のボランティアを通じて、そんな自分と向き合えたので参加してよかったです。



慎重に実験の準備                  空き缶はどうなるかな



いよいよスノードームを作ります



お疲れ様でした