リレーフォーライフジャパン

2013.07.04

リレーフォーライフジャパンにボランティア参加した生徒たちのレポートを一部紹介します。

・私ができることはなるべくやっていきたいと思い、今回のボランティアに参加しました。実際にできたことは力になったかわかりませんが、逆に私たち自身が力をもらった気がします。いろいろな地域の人たちが一丸となって協力していることに感動しました。ただ、もっともっと積極的に参加して、役に立つことをできたのではないかと思っています。これからもボランティア活動に参加していきたいです。(3年 M・Tさん百石中出身)

・仕事を待つのではなく、自分から探すことが今回のボランティアで身についた。運営委員の皆さん一人ひとりがこの企画に対していろんな思いを持ってこのイベントに来ているから、自分もそんな人たちのために頑張ろうと思えた。次のボランティアではもっとてきぱき動くことを心がけていきたい。(3年 M・Oさん道仏中出身)

・今回、初めてボランティアに参加しました。任されたのは簡単なことでしたが、楽しかったし、仕事を任せてくれた方が「ありがとう」と言ってくれて、嬉しかったです。ボランティアって、結局は自分がどう動くのかという問題だったのだと思いました。だから、たくさんの人に参加して欲しいし、人のために働く歓びを心で感じて欲しいです。(1年 A・Oさん種市中出身)

・最初に任された仕事がすぐに終わってしまいましたが、恥ずかしい気持ちが先に立ってしまって、何をやればいいか聞くことができませんでした。結局友達と二人で聞きに行って、次の仕事をもらいました。次お仕事は呼びかけの仕事で、元気な大きな声でやってくださいと言われたので、明るく振る舞い親しみやすさを出すように気をつけました。そのおかげかお客さんがたくさん来てくれて、嬉しかったです。恥ずかしがらずに積極的にやる大切さを学びました。(1年 M・Sさん北稜中出身)